【ライスパワー11比較】ライースリペア・ライスフォース・米肌どれがいい?

ライスパワー11

ライスパワーNo.11エキス配合の化粧品は何種類かありますが、ライン使いの基礎化粧品シリーズで有名なのは、ライースリペア・ライスフォース・米肌の3種類。

3種類ともすべて試したことのある私が、使用感や値段などを比較しました。

どれがいいか迷ってます。

と、悩んでいる人の参考になれば幸いです。

「肌の水分保持能を改善する」ライスパワーNo.11を使えば、5年後・10年後に周りと差をつけれますよ♪

結論から言うと、この3種類のなかで唯一基底層まで浸透すると書いてあるライースリペアをリピしています。

↓公式サイトはこちら↓
【ライースリペアトライアルキット】
セラミドを生み出す工程を確認してみて!

ライースリペア・ライスフォース・米肌 それぞれの特徴

ライスパワーNo.11エキスはセラミドを増大させて、自分の水分保持能を改善できる成分です。

ライースリペア・ライスフォース・米肌のメイン成分として配合されています。

ここでは、その他の特徴をピックアップしてみました。

ライースリペアの会社やブランドコンセプト

ライースリペア トライアル

ライースリペアは、ライスパワー開発元の勇心酒造株式会社が作っているエイジングライン。

「特別な成分ライスパワーNo.11の真価を引き出すことを追求したブランド」

ライスパワーブランド内の最高峰ライン!

ライスパワーNo.11を贅沢に配合しているので、30代以上のエイジングケアが気になる人におすすめ。

ライスフォースの会社やブランドコンセプト

広告で見かけることも多いライスフォースは、株式会社アイムのブランド。本家より有名ですよね。

「与えるケアではなく、肌を育むケアで、肌質・年齢を問わず、あらゆる肌ストレスから解放する」

とくにエイジングケアに力を入れているわけではなく、乾燥肌に悩んでいる女性に人気があります。

米肌の会社やブランドコンセプト

コーセーが展開するライスパワー化粧品が、米肌(まいはだ)です。

「米肌は自ら潤うチカラを育むスキンケアブランドです」

ライースリペアとライスフォースに比べると、米肌は手頃な価格帯が魅力。

そのため、20代から使っている人も多い印象です。

ライースリペア・ライスフォース・米肌 浸透力の違い

上の画像は、ライースリペアを販売するライスパワーショップのものです。

ライースリペアは、肌の基底層まで「ライスパワーNo.11エキス」が浸透すると公式サイトに書かれています。

対して、ライスフォースと米肌は、角質層までの浸透。

実はセラミドなど細胞間脂質が生まれるのは基底層。

セラミドを生み出して水分保持能を改善させるライスパワーNo.11エキスは、基底層まで浸透しないと意味がないのです!

基底層まで浸透するのが、私がライースリペアを選んだ最大の理由。

ここまで浸透しないと、肌質の改善は遠い道のり・・・。

↓お試しはこちら↓
【ライースリペアトライアルキット】
セラミドを生み出す工程を確認してみて!

ライースリペア・ライスフォース・米肌の使用感やテクスチャー

使用感の感想は私個人の感想です。

化粧水
  • ライースリペア → トロミ系・浸透力◎
  • ライスフォース → トロミ系・浸透力◎
  • 米肌 → 上記2種類に比べるとシャバシャバ系・浸透力〇

3種類とも化粧水にはエタノールが配合されているので、蒸発の関係もあり浸透力は早く感じます。

アルコールに敏感な人は使用を控えるか、トライアルで試してから判断してくださいね。

美容液
  • ライースリペア → しっかり乳液状・浸透力◎
  • ライスフォース → しっかり乳液状・浸透力◎
  • 米肌 → やわらか乳液状・浸透力◎

3種類とも白濁していて、乳液のようなテクスチャーです。浸透力はどれも同じぐらい良い!

美容液にもアルコール入ってますが、ほとんど感じません。

クリーム
  • ライースリペア → こっくりなめらか・保湿力◎
  • ライスフォース → ふわっとなめらか・保湿力〇
  • 米肌 → するんとなめらか・浸透力〇

ライスフォースと米肌は、ライースリペアに比べると保湿力は弱めです。

ライースリペアもベタベタするほど保湿するわけではないのですが、このクリームを使った翌日の肌がふっかふかで感動!

3種類のライスパワー化粧品のなかで、ライースリペアに惚れた瞬間♪

40代後半、乾燥は大敵。

ライースリペア・ライスフォース・米肌の使用レビュー

ライスパワー11エキスを開発したのが、勇心酒造さん。でも本家のライースリペアより、ライスフォースの方が有名ですよね(ゴメンナサイ)

私も肌の悩みからライスパワーに行きついたとき、ライスフォースと米肌のトライアルセットも使ってみました。

それぞれレビュー記事書きましたが、簡単にまとめておきますね。

リピしているライースリペアのレビューは、こちらを読んでください。

関連記事ライースリペア口コミ|毛穴効果と損しないために知ってほしいこと!

ライスフォースは似ているけど保湿力が微妙だった

ライスフォーストライアル

正直この2つ、とても似ています(笑)

香り(原料臭)や使用感なども、かなり近いものがあります。

ただ・・・、ライースリペアの方が乾燥しなかった!

配合成分の違いからだと推測。

ライスフォース成分
これがライスフォースクリームの全成分
ライースリペアクリームの成分
こっちがライースリペアクリームの全成分

植物性スクワランや濃グリセリンはどちらにも入ってるんですが、ホホバ油とメドウフォーム油が配合されているのはライースリペアだけ!

40代インナードライの私はベタつくのはイヤだけど、乾燥を感じるのは危険レベル。

ベタつかないけど、乾燥しないというのは絶対条件

そして、一番お気に入りのクリームですが、ライスフォースとライースリペアの値段は同じ。

でも、ライスフォース30gでライースリペアは40g。

同じ価格でも、ライースリペアの方が10g多い!

たった10gですが、スキンケアクリームの10gってけっこう大きい差ですよ。

それだけでも得した気分になれてます♪

医薬部外品は美容液だけのコーセー米肌

米肌は洗顔石けんまで付いてるお得なトライアルセットでしたが、医薬部外品は美容液のみ。

きっちり効果を感じたいなら、すべて医薬部外品がいいかな・・・と思いました。

そして、化粧水はけっこうエタノールの香りが強めのサッパリ系、反対にクリームはしっとり系。

美容液は中間ほどの使用感。

なんだろう? 使い心地に波があるというか。

完全な個人の好みになりますが、仕上がりがあまり好きではなかった。

化粧水に詰め替えがあるのは、良いポイントだと思います。

ライースリペア・ライスフォース・米肌の価格一覧

ブランド名 ライースリペア ライスフォース 米肌
化粧水120ml
8,800円(税込)
120ml
8,800円(税込)
120ml
5,500円(税込)
美容液30ml
11,000円(税込)
30ml
11,000円(税込)
30ml
7,700円(税込)
クリーム40g
8,800円(税込)
30g
8,800円(税込)
40g
5,500円(税込)

コーセーの米肌が一番安いです。

米肌の化粧水には、詰め替え用があります。

次に、分類を表にしてみました。

ブランド名 ライースリペア ライスフォース 米肌
化粧水医薬部外品 医薬部外品化粧品
美容液 医薬部外品 医薬部外品 医薬部外品
クリーム 医薬部外品 医薬部外品化粧品

米肌で医薬部外品は、美容液のみです。

お手頃価格なのも、そのあたりが関係しているかもしれませんね。

ライースリペア・ライスフォース・米肌の比較まとめ

ライースリペアのトライアル
ライースリペア
ライスフォースのトライアルセット
ライスフォース
米肌

こうして比較してみると、少しずつですがブランドによって違いがありますね。

米肌がおすすめな人
  • 20代・30代の人
  • 乾燥による開き毛穴をケアしたい人
  • 少しでも安いライスパワー化粧品を使いたい人
【米肌トライアルセット】14日間お試しセット
ライスフォースがおすすめな人
  • 30代以上の人
  • 乾燥による肌トラブルをケアしたい人
  • 一番人気のライスパワー化粧品を使いたい人
ライスフォース無料モニターはこちら
ライースリペアがおすすめな人
  • 30代以上の人
  • 基底層まで浸透するスキンケアをしたい人
  • ライスパワー本家本元の化粧品を使いたい人
ふっくらキメ肌をライースリペアで実感する

「乾燥したくない」「本気でハリ不足に悩んでいる」なら、ライースリペアを推します!

自分のセラミドが増える基礎化粧品なんて、なかなかないですよ♪

↓公式サイトはこちら↓
【ライースリペアトライアルキット】
セラミドを生み出す工程を確認してみて!
タイトルとURLをコピーしました